ビジネス英会話の特徴とメリット

ビジネス英会話ができたら

仕事で英語が必要になった!でもビジネス英会話を習おうにも仕事が忙しくてそれどころではない・・・そんな人も少なくないでしょう。しかし日常英会話とは異なるビジネス英会話、きちんと学ばなければ結局仕事で英語は使えません。実際に使える英語を身に着けるためにはやはりビジネス英会話を学ぶのが一番の近道でしょう。そこで最近注目されているのが、オンライン英会話です。

 

オンラインというとスカイプという無料ビデオ通話をサービスを使っている英会話スクールが多いです。普通の英会話に比べるとメリットが多くあり受ける価値は大きいでしょう。その意味でも、忙しい人のための新しい英会話システムと言ってよいでしょう。

 

ビジネス英会話と言っても、日常英会話と全く違うわけではありません。ただ、ビジネスとなると丁寧な言い回しや敬語的な表現が必要となるので特殊なフレーズを覚えておくことも大切です。

 

利用方法は様々です。例えば電車通勤をしている人なら、社内でオンライン英会話の予習・復習をすることもできます。オンライン英会話に必要なのはスマホやパソコンなどスカイプがインストールされている道具があればいいだけです。その為にネット接続は大前提です。オンライン英会話はその安さも大きな特徴の一つです。

 

ビジネス英会話ができるとどんなメリットがある?
  • ビジネス英会話ができれば、外国人とのコミュニケーションが円滑になり、仕事の幅も広がるでしょう。
  • 商談もまとまりやすくなるはずです。
  • 海外出張や海外駐在の人はもちろん、国内にいても仕事の内容や業種によっては外国人と話す機会が多い人もいるでしょう。

 

他にもメリットはたくさんあります。自分のスキルを見返らないままやり過ごすのは勿体ないです。英会話ができることによって積極的に発言できるようになれるチャンスにもなります。ビジネス英会話があなたのランクを上げることになるでしょう。考えるより慣れろ。オンラインで毎日継続することが一番の近道になります。

 

 

ビジネス英会話のスタイル

ビジネス英会話の需要は年々高まっています。目的が日常英会話とは違って仕事をする上で必要となる英会話をマスターするために学ぶものですから、ビジネスパーソンを対象としていて、基本的な英語の文法などは既に理解していることを前提としている場合が多いです。

 

ビジネスパーソンの特徴は、忙しい人が多いです。会社からの指示で英会話スクールなどに通っていた人も多いでしょうが、最近では好きな時間に自宅で気軽に受けられるオンラインで受講できるスタイルが主流となっています。

 

ビジネス英会話のテーマは様々です。商談、会計、英語電話対応、プレゼンテーション、そして世界の文化にまでお呼びます。正に世界を飛び回っている人のための英会話と言えるでしょう。

 

オンラインで行われているビジネス英会話教室は具体的にどのようなものか、いくつかのパターンがあるので主なものを比較してみましょう。

 

NHK

まずはNHKです。実践ビジネス英語としてラジオ放送があります。放送時間は毎日15分間。最近はストリーミングでも配信されているのでスマホやiPadがあればいつでも自分が聞きたい時間に聞くことができます。NHKという理由で信頼度は高いようです。

 

スクール型

もう1つは一般の企業が提供するオンライン英会話もたくさんあります。反対にベルリッツなどのビジネスコースはオンラインではなく通学型スクール形式です。

 

どれも入会すれば誰でもすぐに英語が話せるようになるわけではありません。教室形式でだんだんと慣れ、とにかく日々継続することが絶対条件と言えるでしょう。

 

最初は通学型に通って、ある程度英会話が出来るようになった頃からオンライン式に変える方も多いようです。オンライン式とスクール式の特徴を知った上で、どちらがベターなのかじっくり自分の性格やライフスタイルから選ぶと良いでしょう。

 

ビジネス英会話を使うシーン

最近よく耳にするオンライン英会話。何社くらいあると思いますか?実際に調べてみるとたくさんの情報が出てきます。実にたくさんの教室があって驚くかもしれませんね。
数百にも登るというオンライン英会話スクールは、あなたの目的に会ったビジネス英会話に対応したスクールに絞っても、100近くなるでしょう。単純な比較をするだけでもきっと網羅しようとすると大変です。

 

オンラインとはインターネット環境を利用し、Skypeを使ったシステムです。日本国内に限らず世界中どこにいても環境さえ準備できれば受講できます。価格だけの単純比較だけでなく、レッスン受講消化率をあげられれば上げられるほどコストパフォーマンスも上がるでしょう。

 

講師には日本語が全く話せない人と話せる人が選べる場合も多いです。どちらにしてもビジネス英会話教室としては問題ありません。講師は世界中にいます。企業としては国内に本社があるとしても、実際の講師はフィリピンをはじめアメリカや東欧などにもいます。ネイティブスピーカーであることもあれば、英語が得意な外国人からビジネス英会話を習う場合もあります。ただ、すべての講師が講師としてふさわしいかというとそうでない場合も残念ながらあります。
生徒への教え方には正直のレベル差があります。それを比較するには、実際に受講してみることが一番です。

 

Skypeを利用することで、世界中の人とテレビ通話をすることができるようになりました。正にそんな生活そのものがグローバル化しているといえるでしょう。その意味では、ビジネスのシーンだけでなく外国人が日本に来た時のプライベートシーンも考えられます。最近では海外に行かずともSkypeで仕事の打ち合わせを海外の人とするケースも多いです。

 

繰り返しになりますがオンライン英会話が現代の英会話の主流となっています。それによって受講率は高くなっていることは事実でしょう。しかし本当に英会話の習得ができているかどうかは個人次第です。やる気をキープできる環境を選ぶことも重要です。

 

参考サイト:オンライン英会話比較サイト